2004年03月14日

■ SOUL TREE 〜a musical tribute to toshinobu kubota〜


SOUL TREE ~a musical tribute to toshinobu kubota~ (CCCD)
オムニバス

発売日 2004/02/25
売り上げランキング 6,786

Amazonで詳しく見るB0001924AO
■ SME Records ■ 2004.02.25 ■ SECL 66

01. LA LA LA LOVE SONG (BoA w/z SOUL'd OUT)  02. Dance if you want it (ゴスペラーズ meets ナニワエキスプレス)  03. Missing (中島美嘉)  04. 流星のサドル (SOULHEAD)  05. Cymbals (ATSUSHI from EXILE)  06. Candy Rain (Sowelu)  07. Cry On Your Smile (Skoop On Somebody)  08. Indigo Waltz (Live Version) (MISIA)  09. You were mine (椎名純平 with ダンス☆マン)  10. 永遠の翼 (高宮マキ)  11. 夢 with You (倖田來未)  12. TA WA WA ヒットパレード (BOO, Keyco & RHYMESTER feat BUTTER DOG MARKET)

 今が旬な方から失礼ですがどちら様でしょうかな方まで(爆)、様々なアーティストが、それぞれの思いを込めて久保田利伸をトリビュートしたアルバムです。
 シングル中心の選曲ながら、アルバム曲にもかかわらず彼の代表曲にもなっている「流星のサドル」や「Missing」も忘れずに収録されております。
 楽曲の仕上がりは、やたらオリジナルのラップを入れたがる傾向はあるものの、総じて原曲に忠実な解釈のものが多く、新鮮な驚きとかは感じられないかもだけれども、すごく聴きやすい。
 ただ、もうちょっと原曲をぶっ壊して、新しい解釈を与えてあげるような、そんな曲があってもよかったかな、とか。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ LOVE OVERFLOWS -ASIAN EDITION-/Dreams Come True


LOVE OVERFLOWS-ASIAN EDITION (初回限定盤)
DREAMS COME TRUE

発売日 2004/03/03
売り上げランキング 4,657

Amazonで詳しく見るB000197IV4
■ DCT records / UNIVERSAL J ■ 2004.03.03 ■ UPCH-9138

01. THIS IS IT! YOU'RE THE ONE! I KNEW IT! -「うれしい!たのしい!大好き!」ENGLISH VERSION-  02. 24/7 -ENGLISH VERSION-  03. FLOWERS -ENGLISH VERSION-  04. ONE YESTERDAY -DCT MIX-  05. THE FIRST DAY WITHOUT YOU  06. IT'S ALL ABOUT LOVE  07. CHRYSALIS OR BUTTERFLY  08. BEFORE NOW -「いつのまに」ENGLISH VERSION-  09. LOVE OVERFLOWS -「しあわせなからだ」ENGLISH VERSION DCT MIX-  10. LOVE LOVE LOVE -ENGLISH VERSION-

 1997年頃から全米での活動を始めたDreams Come Trueの、全曲英語詞によるアルバム。
 既発曲の英語バージョン6曲+2002年にリリースしたシングル「IT'S ALL ABOUT LOVE」+新曲3曲の計10曲で構成されています。
 日本人アーティストで全米デビューを果たした人がそっち向けにリリースしたアルバムとかって、完全にそっちの市場だけを意識していて、日本のポップスが好きなぼくにとってはいまいちピンとこない作品が多かったのだけれど、彼らについて言えば、英語で歌ってはいるものの、日本に向けてリリースしたものと変わらない楽曲を全米に向けてもリリースするってスタンスがあって、今までも、『SING OE DIE』 (1998)と『THE MONSTER』 (2001)をまるまる英語で歌い直したアルバムをリリースした経緯があるわけですが、本作は、半数以上が既発曲で占められているとはいえ、また、“-ASIAN EDITION-”と称されているとはいえ、初めて彼らが全米向けに作った音源が収録されていると言う意味で、興味深い作品になっております。
 で、本作に収録されている新曲ですが、「ONE YESTERDAY」と「CHRYSALIS OR BUTTERFLY」は妙に淡々とした洋楽的なテイスト(洋楽はあんまり聴かないんで、あくまでイメージですけど)ながら、吉田美和が中心となって作曲した「THE FIRST DAY WITHOUT YOU」は、すごくきれいなバラードで、ドリカムの楽曲の中でも名曲の類にはいるんではないかと思われるくらいのものだったですね。いや、日本語バージョンが聴いてみたくなりました。
 それと、このアルバムで特筆すべきなのは、音のクオリティ。ドリカムの曲って、アレンジがチープという印象があったのですが(爆)、このアルバムにおいてはもう、これドリカムなの?ってくらい音がすごくクリアで、すばらしいんです。
 このアルバムは、企画盤っぽい感じがしてどうしてもちょっとアレだけれど、今度は日本向けでも全米向けでもいいから、オリジナルアルバムで、レベルアップしたドリカムを味わってみたいですねー。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Dreams Come True | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。