2004年04月11日

■ BLUE 〜A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI/V.A.


BLUE ~A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI (CCCD)
オムニバス

発売日 2004/03/24
売り上げランキング 8,106

Amazonで詳しく見るB0001FAB08
■ SME Records ■ 2004.03.24 ■ SECL 67

01. ダンスホール (Cocco)  02. 僕が僕であるために (Mr.Children)  03. 路上のルール (橘いずみ)  04. 十七歳の地図 (175R)  05. I LOVE YOU (宇多田ヒカル)  06. 太陽の破片 (岡村靖幸)  07. LOVE WAY (大森洋平)  08. 街路樹 (山口晶)  09. OH MY LITTLE GIRL (竹内めぐみ)  10. 闇の告白 (斉藤和義)  11. Forget-me-not (槇原敬之)  12. 15の夜 (Crouching Boys)

 今年13回忌を迎える尾崎豊へのトリビュートアルバムです。
 参加しているのは、Mr.Children、175R、宇多田ヒカル、槇原敬之らのメジャーどころや、復活を待ちわびる人々も多いCocco、岡村靖幸(彼は最近けっこう活動し始めてますが)といった豪華な顔ぶれ。
 これだけでもリリース前の話題性としてはじゅうぶんだったわけですが、実際聴いてみれば、内容はさらに充実。
 ここんとこのカバー曲にありがちな、オリジナルをただなぞるだけの安直なものとか、あるいは逆にぶっ壊すことで自分を表現しているものとはちがって、尾崎のつくりあげた言葉とメロディと、参加アーティストの一聴してそれとわかるオリジナリティが、ものすごく高いところで調和しているのです。
 これが、アーティストの実力によるところが大きいのはもちろんだけれども、このアルバムのプロデューサーで、尾崎のアルバムを多く手がけた須藤晃の、このアルバムにかける熱意によるところもまた、同じくらいかそれ以上に大きいように感じられます。(その熱意のほどについては、歌詞カードの中とか、このへん で、彼自身の言葉で語られております。)
 トリビュートアルバムなんて、カバー曲ブームの延長だ、とかぼくは思っているのですが、これは、そこらのものとはぜんぜん思い入れも完成度もちがいます。心して聴かないと、いけないです。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月06日

■ NETWORK -Easy Listening-/TM NETWORK


NETWORK -Easy Listening-
TM NETWORK

発売日 2004/03/24
売り上げランキング 1,000

Amazonで詳しく見るB0001DD0Q2
■ R&C Japan ■ 2004.03.24 ■ YRCN-11021

01. SCREEN OF LIFE -EXTENDED MIX-  02. LOVE TRAIN -EXTENDED MIX-  03. PRESENCE   04. CASTLE IN THE CLOUDS -ALBUM MIX-  05. 風のない十字路 -ALBUM MIX-  06. TAKE IT TO THE LUCKY (金曜日のライオン) -ALBUM MIX-  07. 君がいる朝 -ALBUM MIX-  08. TIME TO COUNT DOWN -LABO MIX-  09. nuworld  10. COME CLOSER

 今年デビュー20周年を迎えるTM NETWORKがリリースした、オリジナルとしては3年ちょっとぶりとなるアルバムです。
 記念すべき年にリリースしたアルバムだけに、どれだけ気合いが入ってるのかと思ったら、既発シングルの収録曲と1994年にTMNが終了する前の楽曲をリメイクしたものが全10曲中7曲を占めるっていう、なんとも拍子抜けな構成。
 とはいえ、そこはTMさん、ていうか小室さん。既発曲はすべて、いまだに彼が傾倒しているトランス風なアレンジにつくりなおされていて、まったく新しい気持ちで聴くことができます。
 だけど、TM NETWORKといえば、新しいアクションを起こすたびに我々をびっくりさせ続けてきたバンド。既発曲をまったく新しくつくりなおすくらいじゃ、少なくともファンはびっくりなんかしないです。そのくらい当たり前だ、とさえ思うのです。
 ここのところの小室さんは、やることがどうも空回りな印象を受けてしまうのですが、今年はデビュー20周年、なんかすごいことを企ててもらって、我々をびっくりドッキリさせてほしいものです。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TM NETWORK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。