2006年05月30日

Sloppy Joe III/大江千里

Sloppy JoeIIISloppy JoeIII
大江千里

Sony Music Direct 2006-04-19
売り上げランキング : 4245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 未来乗車券 02. 今日はこんな感じ 03. DOG'S LIFE 04. サヴォタージュ 05. ゲームオーバー 06. A DAY 07. 年上の彼氏によろしく 08. 都合いい友達 09. 舞子VILLA Beach 10. WE ARE TRAVELLIN' BAND 11. ジェシオ’S BAR 12. 今日のきみに贈る歌 13. 本降りになったら 14. 母の手 15. Let it be, SWEET (Album Version) 16. JANUARY 17. 夏渡し 18. 砂の城

 大江千里の6枚目となるベストアルバム。
 最新作である『ゴーストライター』 (2005) までの楽曲を収録していますが、自身のレーベル「Station Kids Records」からではなく、ソニーからのリリース。
 ゆえに、これまで彼が発表してきたベスト盤「〜Joe」シリーズで行われてきた大規模なリミックスや新録は残念ながら行われていませんが、本アルバムは、WEB上でリクエストを募り、その結果を収録曲に反映させる、ちょっと流行のリクエスト・ベスト形式をとった作品となっています。

 ただし収録曲は、その得票数ではなく、寄せられたメッセージの内容によって千ちゃん自身により選曲されており、そのへんはベスト盤をただのコンピレーション・アルバムにせず、ファンであっても楽しめる要素を常に含ませてきた彼らしい作品に仕上がっていると言えましょう。

 ジャケットのデザインは、『Sloppy Joe』 (1989) を思い起こさせるもの。
 白をバックに千ちゃんのみが写り、タイトルロゴは手書きっぽく、しかもケースはデジパック仕様。ほかにも見比べてみるとそっくりな点がいくつも見られ、力の入ったカタチにできあがっています。
 一方で、彼にとって何か節目の時期とかでもないのに、こんな懐古主義的なデザインにする必要があったのかどうか疑問が残らなくはないのですが。

 さて、本作の収録曲ですが、結果的には『Sloppy Joe』、『Sloppy Joe II』 (1994) に収められた曲以外から18 曲が選ばれていました。ちなみに『Sloppy Joe II』以降の曲が6曲、以前の曲が12曲、という構成。

 正直なところ、寄せられたメッセージをもとに選ばれた収録曲はもちろんシングル中心とかではなく、またものすごく力を持った、アルバムのコアとなりうるような曲はこれまでのベスト盤にほとんど収録されてしまっているというのもあって、メリハリのあまりないアルバムになってしまったな、との印象をどうしても受けてしまいました。

 このアルバム、アイテムとして見るべきところはあるものの、ぼくにとっては残念ながら、何回も繰り返して聴きたくなる内容ではなかったです。
 もっとも、このアルバムを買うのは彼のファンばかりだろうから、不満があれば自分でベストアルバムを編集すればよいのですけれども。
posted by BONGO at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 大江千里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

maniac/globe

maniacmaniac
globe TETSUYA KOMURO MARC

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-03-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Disc.1
01.Soldier 02.Please don't give up 03.Why Why tell me Why 04.from the beginning 05.Appreciate 06.orbit 07.Tokyoという理由 08.Shine on you 09.SIMPLOVE 10.About Me
Disc.2
01.Judgement (Band Version) (globe) 02.LOST (Band Version) (globe) 03.to solid snake (TETSUYA KOMURO) 04.maunalua bay (TETSUYA KOMURO) 05.cosmic dream (Short Edit) (245) 06.1000Lights (French Version) (245) 07.Reason (LA Updated Mix) (KEIKO) 08.HUMANRACE (KEIKO) 09.海との友情 (KEIKO) 10.be true (Cyber X feat. KEIKO)

 前作『globe2 pop/rock』 (2005) からわずか7ヶ月という短いスパンでリリースされたglobeのニューアルバム。
 先行シングルなしの新曲10曲を収めたオリジナルアルバムと、前作に収録された楽曲のバンドバージョンならびに各メンバーのソロワークを集めたボーナスディスクの2枚組となっています。

 収録時間は、最近の彼らにしてはえらく短い43分ほどで、ちょうど真ん中に、アルバムの前後半を分けるかのように収録されているKEIKOさんによるポエトリーリーディング風の楽曲とインストがやや冗長に感じなくもないですが、それでも身構えることなくさらりと聴き終えられてしまいます。

 作風は前作を踏襲したポップかつロックな雰囲気。前作ではポップでロックな楽曲が多く見られましたが、本作ではポップ寄りな楽曲、ロック寄りな楽曲、あるいはそのどちらにも属さない曲、と比較的バラエティに富んだ内容になっており、アルバム自体のコンパクトな構成とも相まって、最初から最後まで興味深く聴くことができます。
 また、注意深く詞を追っていなくてもニヤリとさせ、あるいはハッとさせ、それでいてわざとらしくはない小室さんの言葉えらびに関する才能をいくつかの楽曲で見ることができるのも、特筆すべきことと思われました。

 このアルバム、小室さんが乗りに乗っていたころにはまだ及ばないですが、なかなか楽しく聴ける良作に仕上がっておりました。
posted by BONGO at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | globe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。