2008年02月07日

旅立ちの唄/Mr. Children

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
旅立ちの唄旅立ちの唄
Mr.Children Kazutoshi Sakurai

トイズファクトリー 2007-10-31
売り上げランキング : 683

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 旅立ちの唄 02. 羊、吠える 03. いつでも微笑みを from HOME TOUR 2007.06.15 NAGOYA

 昨年3月にリリースされたアルバム、『 HOME 』以来、初めてとなる新曲、「旅立ちの唄」。
 ストリングスなどでデコレートされ、シングルらしい華のあるメロディを持つスローな楽曲で、とくに彼らの場合は壮大に仕上がりがちなところ、なぜなどこか素朴な聴き心地の一曲。
 桜井さんのやさしげな歌いっぷりがそうさせるのかと思われるのだけれど、聴いているこちらもやさしくあたたかな気持ちになれます。
 実は、一聴したときのインパクトはそれほどでもなかったのですが、聴き込むうちにグッとくるようになってしまう、スルメ的な味わいの良曲でありました。
 そういえば『HOME』を聴いたときも、同じような印象を持ったものでした。

 2曲目の「羊、吠える」は、ちょっとトゲトゲしさのある楽曲。
 彼らのカップリング曲は、シングルのリードトラックやアルバム曲の多くとは異なる、カップリングならではの気怠さがあって、この曲もそのへんの色がないわけではないけれど、トゲトゲしさのほうが目立ってしまっていて、ぼくには聴き心地があまりよくなく、ややアレでありました。

 3曲目はライブ音源。曲はアルバム、『 IT'S A WONDERFUL WORLD 』 (2002) に収録の、「いつでも微笑みを」。
 かつて限定生産のライブアルバム、『1/42』 (1999) を発表したことはあるものの、それ以外では、これまでCD化されたライブ音源は、シングル、「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」 (1995) のカップリングとして収録された「フラジャイル」のみ。
 ゆえにレアであり、またちょっとですがオリジナルとはちがった展開も見られますので、これは持っておきたいところかと。

posted by BONGO at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | Mr. Children | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

鳥取県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 鳥取県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-03-04 19:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。