2008年02月14日

access best selection/access

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
access best selection(初回生産限定盤)(DVD付)access best selection(初回生産限定盤)(DVD付)
access

ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ 2007-11-21
売り上げランキング : 14963

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Disc 1 [Single Collection]
01. VIRGINE EMOTION 02. JEWELRY ANGEL 03. NAKED DESIRE 04. MOONSHINE DANCE 05. TRY AGAIN 06. 夢を見たいから 07. MYSTY HEARTBREAK 08. SWEET SILENCE 09. DRASTIC MERMAID 10. SCANDALOUS BLUE 11. TEAR'S LIBERATION 12. Only the love survive 13. EDGE 14. REAL AT NIGHT 〜眠れぬ夜の向こうに〜 15. 瞳ノ翼 16. Doubt & Trust 〜ダウト&トラスト〜
Disc 2 [Daisuke Asakura Selection]
01. SEQUENCE MEDITATUON 〜超電導思考回路 第一楽章 覚醒 02. FIND NEW WAY 03. BE NUDE 04. LYIN' EYES (CROSSBRIDGE ver. 2002) 05. STONED MERGE (blanc and rouge ver.2006) 06. DECADE & ××× (SUMMER STYLE ver.2002) 07. BEAT PLANET (binary engine ver.2007) 08. SHAKE THE SUNRISE 09. AGAINST THE RULES 2002 〜AA trance〜 10. Hung Me For The Distance 〜絆された愛の果てに〜 11. balearic GHOST 12. Stay 13. Life goes on 14. STAY MY LOVE
Disc 3 [Hiroyuki Takami Selection]
1. SUMMER NIGHT BREEZER 2. Closet 3. Especially Kiss 4. White Lights 5. PALE BLUE RAIN 6. JUNGLING PARTY 7. NIGHT WAVE 8. AGAINST THE RULES 9. SILVER HEART (binary engine version 2007) 10. CATCH THE RAINBOW 11. VIEW 12. OZONE, IN THE NATIVE 13. Grand Muse 14. LOOK-A-HEAD

 accessのアルバム、『access best selection』。
 途中で7年ほどにも及ぶブランクがあるのに、とか思わなくもないですが、デビュー15周年を記念してリリースされたベストアルバムであります。

 本作は、いま所属しているソニーからのリリースではありつつも、ファンハウス(当時)在籍時の音源もしっかりと組み込まれた、CD3枚組 + DVD1枚(初回のみ)の大ボリュームな内容。
 CDの構成としては、1枚目がデビュー曲、「VIRGIN EMOTION」 (1992) から最新シングル、「Doubt & Trust 〜ダウト & トラスト〜」 (2007) までのリードトラックを収録したシングルコレクション、2、3枚目がそれぞれ、浅倉大介、貴水博之セレクション。
 1枚目に収録されている曲のうち、ファンハウス時代の、すなわちデビューから1995年の活動休止までの音源は、シングル集、『AXS SINGLE TRACKS』 (1995) と重複するものの、全44曲が収められ、そのうち5曲は初CD化音源という豪華絢爛な内容となっています。

 価格も4,900円と豪華絢爛で、発売直前まで買おうかどうしようか迷ったのですが、アイテムとしてはぜひ持っておきたい、という欲求に負け、購入に至りました。

 シングルコレクションは全部入りで内容に不足はないし、浅倉さん、貴水さんのセレクションは、シングルを除いているので華やかさには欠けるものの、そして浅倉さんのセレクトした曲たちはとくにマニアックな香りを感じるものの、とりあえず初CD化の音源は含まれているしで、懐はだいぶ痛むけれど、所有欲はじゅうぶんに満たされるアルバムでありました。
 歌詞カードなどのブックレット系がちょっと素っ気なく、そのへんがもっと充実していれば、さらによかった、とは感じましたが。

 ところでこの初CD化の音源は、オフィシャルサイトにも、アルバムを買ってみてもどんな音源なのか明確な説明がなかったのですが、バージョンの表記にライブツアーのタイトルぽいものがつけられていてもライブテイクではないし、どのようなものなのでしょうか。
 ライブアレンジでスタジオ録音したもの、といった解釈でよろしいのでしょうか。


【関連する記事】
posted by BONGO at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | access | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。