2008年02月21日

浅森坂/浅森坂

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
ファーストアルバム「浅森坂」ファーストアルバム「浅森坂」
浅森坂

Amuse Soft Entertainment, Inc.(AMS)(M) 2007-12-12
売り上げランキング : 33835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.浅森坂という坂がある 2.Gravitation 3.朝はまだ来ないか 4.Sunday Morning 坂 5.狭霧の私 6.ワンダーランド 7. Sunday Morning 森 8.月が誘った 9.北風の坂道 10. Sunday Morning 浅 11.南男 12.歩くな、走れ

 浅森坂のアルバム、『浅森坂』。
 浅田信一、森山公一、坂本サトルからなるユニットで、「浅森坂」という名前はつまり、そういうことです。

 この3人の中で、今まできちんと聴いていたのはサトルさんくらいなもので、あとのお二方についてはすみません、名前と他のアーティストに提供した楽曲をちょっと知っているくらいでしたから、どんなアルバムになっているのか不安なところもあったのですが、これがなかなか。

 シンガーソングライターであり、ギタリストでもある3人がこのアルバムの中で奏でるのは、ギターを中心としたサウンド。
 ややもすると地味にもなりかねないところでありますが、本作に収められている曲たちは、ときにポップに、ときにせつなく、ときにずっしりと、そしてときとしてコミカルに、とバラエティに富み、しかもそのどれもがメロディアスで聴き心地がよく、サウンド的なアプローチは別として、たいへんにポップな仕上がり。
 「楽しいことだけをやろう」がコンセプトとのことで、中には自分たちの趣味的な部分がどばっと出た曲があってもおかしくないところですが、すべてが聴き手を意識したであろうつくりになっていて、ぼくとしては捨て曲がひとつも見つかりませんでした。

 また、同じ旋律で同じ展開でありながらもアレンジと詞を変えて3人がそれぞれに仕上げた2分足らずの「Sunday Morning」は、短い中にあっても彼らの個性をよく知ることができ、そしてアルバムの中でよいアクセントにもなっており、この作品をまとめあげる大きな要素のひとつになっていようかと。
 収録されている曲がイイのはもちろん、アルバムの構成も、ずっと楽しみながら一気に聴き終えさせるものとなっておりました。

 正直なところ、サトルさんが参加しているアルバムを持っておきたい、という所有欲的なところから購入に至ったのだけれど、何度も聴きたくなる良盤でありました。よい買い物をしました。


posted by BONGO at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 浅森坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分も坂本サトルさんが参加しているということで買ったんですが、いいアルバムですね!
それぞれの個性が光っていて、十分に楽しめました。
Posted by micarosu at 2008年02月25日 22:06
>micarosuさん
コメントありがとうございます!

ほんと、それぞれの個性がよく出た作品でしたねー。
思った以上に気に入ってしまい、うれしくなりましたよ。
Posted by BONGO at 2008年02月26日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。