2008年02月23日

5296/コブクロ

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
5296(DVD付)5296(DVD付)
コブクロ 黒田俊介 小渕健太郎

WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 2007-12-19
売り上げランキング : 589

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 蒼く 優しく 02. コイン 03. 蕾 04. どんな空でも 05. 君という名の翼 06. WHITE DAYS 07. 君色 08. 水面の蝶 09. 風の中を 10. 月光 11. 風見鶏 12. Diary 13. Fragile mind

 ベストアルバム、『 ALL SINGLES BEST 』 (2006) を挟み、オリジナルとしては『 NAMELESS WORLD 』 (2005) 以来、2年ぶりにリリースされたアルバム、『5296』。
 シングル、「 蕾 (つぼみ) 」 (2007)、「 蒼く 優しく 」 (2007) とそのカップリングから1曲ずつ、そしてベストアルバムにも入っていた「 君という名の翼 」(2006) を再び収録しています。

 さて、ぼくがタイムリーに彼らのアルバムを聴き始めたのは『 STRAIGHT 』 (2003) からで、前作まではそのときの最新作が自分にとっていちばん好きな作品!だったのですが、本作はどうかといえば、正直なところ、そこまでではなく。
 シングルを見てみると、前作に収録の「桜」、「ここにしか咲かない花」、あるいは前々作の「永遠にともに」あたりと比べると、とくに彼らのバラードは聴き慣れてしまっているというのもあって、インパクトは決して強くはないし、アルバム曲では、たとえば「どんな空でも」や「Diary」など、ぼくの琴線に触れるギリギリのところまではきているのだけれど、触れるには至らないという、惜しいところ止まりなものはあれど、グッとくるものが少なかったのは、残念にも思われるところ。

 とはいえ一方で、「WHITE DAYS」はシングルにもってこれそうな美しいバラードだし、ラストに収録されている「Fragile mind」は力強く進行する、必然的に気持ちが高ぶってしまう楽曲。
 これらはとりわけぼくの心をとらえては離さない曲たちであり、アルバムを出すごとにシングル以外の名曲をいくつも入れてくるアーティストはなかなかいないのは分かっているのですが、それでも感じてしまうこの残念さは、ぼくがそれだけコブクロさんに期待をしている、ということによるものなのです。

 コブクロさんの作品としてはいちばん!ではなかったのだけれど、名盤であることは確かで、やはりついつい何度も何度も繰り返し聴いてしまう作品でありました。


posted by BONGO at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コブクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。