2008年02月26日

沿志奏逢2/Bank Band

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
沿志奏逢2沿志奏逢2
Bank Band

トイズファクトリー 2008-01-16
売り上げランキング : 220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 何の変哲もないLove Song (KAN) 02. ひとつだけ (矢野顕子) 03. 昨日のNo, 明日のYes (GAKU-MC) 04. to U(Bank Band with Salyu) 05. スローバラード (RCサクセション) 06. 遠い叫び (仲井戸麗市) 07. 休みの日(JUN SKY WALKER(S)) 08. イロトリドリノセカイ (JUDY AND MARY) 09. 煙突のある街 (真島昌利) 10. はるまついぶき (Bank Band) 11. MR.LONELY (玉置浩二) 12. evergreen (MY LITTLE LOVER) 13. 歌うたいのバラッド (斉藤和義) 14. よく来たね (Bank Band)
※カッコ内は原曲アーティスト名

 小林武史、Mr. Childrenの櫻井和寿を中心に構成される「Bank Band」の2枚目となるアルバム、『沿志奏逢2』。
 前作、『 沿志奏逢 』 (2004) と同様、基本的には邦楽カバーアルバムでありますが、本作では、シングルとしてリリースされた「 to U 」 (2006) 、ネット配信のみで発表されていた「はるまついぶき」、ライブ、「ap bank fes '07」ではオープニング曲として演奏されたという「よく来たね」、3曲のオリジナル曲も収録されています。

 新旧織り交ぜまたジャンルもさまざまに選曲され、さらにはオリジナル曲までもが収められている本作は、こちらも前作と同様に生音を重視した大人げな、落ち着きのある佇まいを見せ続けます。
 この手の作品は、ややもすると高尚になりすぎてしまい、アップテンポな曲では盛り上がりきれないことも多々あるわけですが、このアルバムでは、たとえばポップな「ひとつだけ」や「イロトリドリノセカイ」ではカラフルに、ラップであるところの「昨日のNo, 明日のYes」ではがっつりと仕上げられており、逆に冗長になりかねない「to U」や「はるまついぶき」などのスローな曲は、聴き手の心を捕らえて離さない楽曲となっていて、全体的にメリハリがとても効いています。

 これはアルバムに参加されたみなさんの実力があってこそのことではありますが、やはり小林武史さんのプロデューサーとしての才能によるところが大きいのかな、と。
 たいへんに聴き応えのある名盤でありました。


posted by BONGO at 22:21| Comment(0) | TrackBack(1) | Bank Band | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Bank Band "to U"
Excerpt: to U by Bank Band 行きたくて行けなかったLiveの動画を友人が教えてくれた。 一緒に行くはずだった友は、聴きながら1時間号泣したという。 とてもとても感動する。 ..
Weblog: Setagaya Life
Tracked: 2008-03-09 04:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。