2006年01月30日

Key Stone/東野純直

Key stoneKey stone
東野純直

3Dシステム 2005-11-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. Realize 02. Chrysalis 03. ONE WEAK (Studio Live) 04. 電話しよう 05. 掴めない虹 06. Butterfly Storm 07. コンパス (Album. version) 08. まだ見ぬ世界 09. あるがままの君で 10. Key Stone

 東野純直が、約1年5ヶ月ぶりにリリースしたオリジナルアルバム。
 前作『Journal』が、間にセルフカバーベストアルバムを挟んだとはいえ、オリジナルアルバムとしては発売に至るまで4年5ヶ月も要したことを考えれば、コンスタントに作品を発表できただけで、うれしく思わずにはいられません。
 そんな本作は、ひさびさにギターレスのピアノトリオ(ピアノ・ベース・ドラム)を主体としてレコーディングされています。
 この形式は、『FENCE OF LIFE』 (1998)、『Glissando』 (1999)、『Human Noise』 (2000) において採用され、ピアノさえも打楽器的に用いた骨太で激しいサウンドを特徴としておりました。
 本作では、もちろんピアノトリオ主体のレコーディングによる特徴はサウンドの核をなすものとして引き継がれているわけですが、それに加えてドキッとするほど鋭いストリングスをフィーチャーしたり、あとはシンセが中心ではあるけれども多彩な音が効果的に重ねられ、飽きのこない幅のある音づくりを実現しています。
 また、荒ぶる東野さんのボーカルによってややぼやけてはいるものの、メロディはポップかつキャッチーであり、どれもキレを感じさせます。
 このアルバム、東野さんのボーカルはそこまで荒ぶらなくてもよいのではとか思わなくもないですが、どの楽曲も高いレベルでまとめられており、全10曲というコンパクトな構成とも相まって、ついつい繰り返し聞きたくなってしまう良盤に仕上がっていました。
posted by BONGO at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野純直 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月11日

■ Journal/東野純直


Journal
東野純直

発売日 2004/06/30
売り上げランキング 34,062

Amazonで詳しく見るB0002FQNTA
■ Chest / Sakura Music Entertainment ■ 2004.06.30 ■ KJCS-2001

01.弱い心に捧ぐメロディー  02.ALIVE  03.かけがえのない花  04.Miracle of love  05.Base  06.道  07.Journal  08.僕ゲノム  09.理想論  10.解決不能

 今はインディーズで活躍されている東野純直が、オリジナルとしては前作『Human Noise』 (2000) 以来、実に約4年半ぶりにリリースされたアルバムです。
 荒ぶるボーカルにピアノを大フィーチャーしたロックな仕上がりであるあたりは、ここのところの傾向を踏襲しており、それに、サンプリングとか、あるいはボーカルにぐいっとエフェクトをかけてみたりとか、今までの彼にはない新しい試みも加えつつ、サウンドの幅を広げております。しかしながら、音のひとつひとつは、ミックスとかがアレなのか、どうも混沌としていてクリアに聞こえてこないのは、ちと残念。
 メロディについて言えば、決して悪くはないんだけど、たとえば、Aメロ・Bメロ・サビの流れがしなやかさに欠け、しっくりと来ない部分があるのとか、ちょっとアレかなぁ。
 そんな中にあって、気になった曲が、タイトル曲「Journal」。
 今まで彼がつくってきた楽曲は、形態はどうあれ、総じて歌モノ、すなわち鼻歌でふふんとか歌えるキャッチーなメロディが特徴であった気がするのですが、この楽曲にあっては、体を揺さぶらずにはいられないノリで聴かせるところに新しさを感じます。
 そのあたりからも、また、今作のリリースを、よりよい作品にするために、という理由で延期したっていう経緯からも、今はいろんなことを模索している時期なのかな。
 そうしますと、次作あたりでは、新しい彼の音楽を聴くことができるのかなとか、ちょっと期待をしてしまうのです。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野純直 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月18日

■ Glissando/東野純直

Glissando
東野純直

東芝EMI
1999-02-24
売り上げランキング 375,486

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
■ TOSHIBA EMI ■ 1999.02.24 ■ TOCT-24060

01. MY LIVE  02. Long Days 'album version'  03. NO NAME  04. STYLE  05. 水曜日  06. 2時間遅れのイブ 'album version'  07. I KNOW 'studio live'  08. 想い  09. 男と女  10. 何処(どこ)にいるんだろう 'album version'  11. ビルの稜線

 東野純直7枚目のアルバムは、ほとんどの演奏をピアノ、ベース、ドラムのみで行って、しかもギターは一切入れない、というちょっと変わった構成になっています。
 このスタイル、前作『FENCE OF LIFE』から引き続くもので、ボーカルスタイルも、初期のわりとさわやかな感じから、荒々しい、情熱的なものに変わっていったんだけど、前作ではややぎこちなかったこのスタイルも、本作で見事に完成された感があります。
 ピアノ中心でギターレスと聞くと、わりと静かめの曲が多いのかな、と思われそうな気もしますが、むしろそれとは正反対の、すごくロックな仕上がりになっていて、ギターが入っていないことなんて忘れてしまうというか、そんなことはどうでもいいくらい気持ちが高ぶらざるを得ないし、一方、ピアノの弾き語りに近い形のバラードは、荒々しさのなかの切なさみたいなものを見え隠れさせる彼のボーカルに、ちょっと胸をしめつけられるような気持ちになります。
 ちょっと感情の起伏に乏しい、平凡な日々が続いているときとかに、このアルバム、おすすめしたいです。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野純直 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。