2004年02月01日

■ 刹那/小沢健二


刹那
小沢健二

発売日 2003/12/27
売り上げランキング 1,151

Amazonで詳しく見るB0000AOD5N
■ TOSHIBA EMI ■ 2003.12.27 ■ TOCT-25151

01. 流星ビバップ  02. 痛快ウキウキ通り  03. さよならなんて云えないよ (美しさ)  04. 夢が夢なら  05. 強い気持ち・強い愛  06. それはちょっと  07. 夜と日時計  08. いちょう並木のセレナーデ  09. 流星ビバップ

 リリース決定以来、その収録曲や発売日を二転三転させながら、ついに発売された小沢健二初のベスト盤です。
 8cmCDであったがゆえに廃盤となってしまった彼のアルバム未収録曲盛りだくさん、みたいなことを言われていた時期もあったような気がするんですが、フタを開けてみれば、コレです。
 アルバム未収録曲は、バージョン違いのものを除いてもたぶん17曲くらいあるはずなんだけど、その中から9曲、えっと、「流星ビバップ」(当初のタイトルは「流れ星ビバップ」)は2回入ってるし(最後に収録されてるのはインスト)、「いちょう並木のセレナーデ」は、おそらく「さよならなんて云えないよ」 (1995) のカップリングとして収録されていたライブテイクだけど、オリジナルは『LIFE』 (1994)に収録されているから、未収録曲としては、実質7曲が収録されているに過ぎません。
 結果として、なんとも中途半端なベストになってるんですが、これらがアルバム未収録曲の中から小沢健二本人がセレクトしたものだ、と言われれば、こんな底意地の悪い曲目も、なぜか納得できてしまいます(笑)。
 捨て曲少な目で、これらの音源を持ってない人は、買ってみても損はしないと思うけれど、小沢健二本人選曲によるベストをつくるなら、アルバム未収録曲に捕らわれない選曲をしてもらった方がよいものができたんじゃないかな、という気がすごくしました。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小沢健二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。