2003年10月21日

■ RENASCENCE/Sing Like Talking

RENASCENCE
SING LIKE TALKING C.Fujita 矢野真紀

ユニバーサルJ
2003-10-15
売り上げランキング 3,610

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
■ UNIVERSAL J ■ 2003.10.15 ■ UPCH-1290

01. 摩天楼の羊  02. 月への階段  03. 欲望  04. ただひとつの心で  05. Borderland featuring 矢野真紀  06. Love Express  07. 街角  08. The Love We Make  09. In The Rhythm  10. VIIII=IX  11. 星降らない夜 featuring 小谷美紗子  12. A Crown  13. もしも  14. Hello  15. Parallel Lines  [Bonus Track] 16. キミといれば

 前作『METABOLISM』 (2001) から2年、Sing Like Talkingのニューアルバムがリリースされました。
 サウンドは前作の延長線上にあるようなバンド感溢れるロックな仕上がり。とがったギターとドラムを核としながら、ブラスやストリングスを取り入れたりすることで統一感を維持しつつも楽曲に多彩な顔を持たせています。
 3人組とかのバンドの楽曲は、メンバーだけで音を構築することが難しいぶん、サポートメンバーを使ったりとか、あるいはコンピュータを駆使するというのもアリだけど、楽曲の持つ表情という意味では広がりがある場合が多いなとぼくは思っていて、すごく好きなんです。
 彼らの場合は、さらにそれに加えてほどよくウェットで艶やかさを増すばかりの佐藤竹善さんのボーカルがちょっと他を寄せつけないくらい秀でているのがたまらんところです。
 統一感がありながらも多彩な楽曲は、全16曲のボリュームでさえ、ワクワクしっぱなしで聴き入ることができますねぇ。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sing Like Talking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。