2007年05月05日

TRF 15th Anniversary BEST MEMORIES/TRF

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
TRF 15th Anniversary BEST-MEMORIES-(DVD付)TRF 15th Anniversary BEST-MEMORIES-(DVD付)
TRF

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2007-02-07
売り上げランキング : 31775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Disc. 1 -LISTNERS SELECT-
01. Where to begin 02. BOY MEETS GIRL 03. 寒い夜だから・・・ 04. LEGEND OF WIND 05. Love & Peace Forever 06. BRAND NEW TOMORROW 07. masquerade 08. JOY 09. Unite! The Night! 10. CRAZY GONNA CRAZY 11. survival dAnce 〜no no cry more〜 12. EZ DO DANCE 13. We are all BLOOMIN' 14. Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜
Disc. 2 -TRF SELECT-
01. THIS IS THE JOY 02. Silver and Gold dance (BATTERY MIX) 03. ISLAND ON YOUR MIND 04. Winter Grooves 05. Destiny to love (愛する運命) 06. FUNKY M 07. Friends 08. CLOSE TO THE END 09. Frame 10. Sign of the innocence 11. WIRED (Album Full version) 12. Silence whispers 13. BRAVE STORY (DIO MIX) 14. WORLD GROOVE 3rd. Chapter (main message)

 TRFのベストアルバム、『TRF 15th Anniversary BEST MEMORIES』。
 このアルバムには2CD、2CD+2DVD、3CD+3DVDの3パターンがあり、その中から2CD+2DVDのものを購入。
 3CD+3DVDのものは、特典がもろもろつくとはいえ15,000円と高価でそこまでの支出はできず、一方で2CD+2DVDと2CDの差額は2,000円近くあるのですが、DVDには彼らのミュージッククリップ全29曲、150分にも及ぶ内容が収録されており、2CD+2DVDがもっともお得かな、と判断した次第でした。

 さて本作は、名前のとおり彼らのデビュー15周年を記念したベストアルバム。
 ファン投票とメンバーによって選ばれた楽曲をそれぞれ収録した2枚のCDで構成されています。

 ファン投票で選ばれた楽曲は、全14曲中10曲がかつて小室プロデュースで名をはせたころの楽曲たち。
 実はそのころの作品しか収録されないのではと思っていたのですが、2005年、オリジナルとしては6年5ヶ月ものブランクを経てリリースされた復帰第1弾とも呼べるシングル、「Where to begin」、最新シングルにしておよそ10年ぶりに小室哲哉が作曲、プロデュースを担当した「We are all BLOOMIN'」 (2006)はともかく、小室プロデュースを離れて最初にリリースしたシングル「Unite! The Night!」 (1998)、彼らのシングルとしては数少ない王道的なバラード「JOY」(1999) が食い込んできているあたり、ファンもなかなかやるな、とか思えてたいへん興味深いところの1つです。

 メンバーによって選ばれた楽曲は、ファーストアルバムのオープニングチューン、「THIS IS THE JOY」 (2003) とか、ちょっとマニアックな色合いだったファーストアルバムと比べてかなりポップな方向性を打ち出したセカンドフルアルバムのタイトル曲、「WORLD GROOVE」 (1994)、あるいは主にラップで進行する、ある意味ではとても彼ららしい「FUNKY M」 (1995)、第4弾までリリースされた「HYPER (TECHNO) MIX」シリーズの3作目に収録されていた「Silver and Gold dance」の英語バージョン (1994) など、ファン投票には漏れたけれど彼らを語る上では欠かせない、あるいはちょっとひねりのある楽曲を多数収録。ファン投票で選ばれた楽曲を補完する内容になっています。

 どちらにせよ、聴く人によってこんな曲が入ってるとかあの曲が入っていないとか言いながら楽しめる作品になっており、シングル集ではないし今さら入門編にどうぞってのもアレなのでどちらかといえばファン向けの内容ではあるけれど、彼らの15周年を記念するという意味では、とてもよいアルバムと言えましょう。


posted by BONGO at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TRF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

Lif-e-Motions/TRF

Lif-e-Motions (DVD付)Lif-e-Motions (DVD付)
TRF

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-02-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[Disc 1]
01. Good day,Sunshine 02. Everlasthings  03. Where to begin 04. You & me 05. Precious  06. As it is 07. Urbanature 08. Signal Theta 09. Life signs again 10. Be ever wonderful 11. One Nation 12. ENGAGED'06 13. DANCE LOOP #4 14. DANCE LOOP #5 15. DANCE LOOP #6
[Disc 2]
01. EZ DO DANCE -meets KEIKO- 02. Silver and Gold dance -meets T.M.Revolution- 03. survival dAnce 〜no no cry more〜 -meets BoA- 04. TRUTH'94 -meets Tomiko Van- 05. CRAZY GONNA CRAZY -meets AAA- 06. masquerade -meets Youki Kudoh- 07. Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜 -meets Goro Kishitani & Yasufumi- 
08. teens -meets ayumi hamasaki- 09. BRAVE STORY -meets Every Little Thing- 10. JOY -meets Koda Kumi-

 なんと7年ぶりのオリジナルアルバム。
 この間、1月にリリースされたシングル「Where to begin」まで全く新曲を聴けない状態だったので、ほんとにひさしぶりのTRF再始動であります。
 実はTRFが小室さんから離れて以来、彼らのCDを新品で買わなくなっていたのですが、今回は再始動記念ということで、新品にて購入しました。
 そんな本作は、今までのブランクを埋めるかのように、CD2枚(オリジナルアルバムと、他アーティストによるTRFへのトリビュートアルバム)+DVD1枚という、豪勢な構成(DVDがつかない形態のもあります)。

 まずはオリジナルアルバム。
 小室さんから離れたあとのアルバムには、なんというかその、捨て曲めいたものがやや見受けられたので不安に思っていたのですが、聴いてみてちょっとびっくりしました。
 捨て曲がないどころか、ほとんどの曲はシングルカットできそうなくらい、ポップでキャッチーな仕上がりでした。
 アレンジがトランス寄りだったり、ところどころにラップが入ったりと、よく聴くとメリハリのある内容なのですが、あまりにポップスとしてのツボを押さえた作品群はそんなメリハリを打ち消してしまうようで、さらりと一通り聴いたあと、あまりにポップスとしてそつなくまとまっていてつまんない、とかいう贅沢な感想を抱かざるを得ません。
 作家陣に目立ったところはないけれど、おそらくよほど選曲に力を入れたのではないでしょうか。
 予想をはるかに超えた作品になっていました。

 2枚目のトリビュートアルバム。
 ぱっと参加アーティストを見たときは、avexに所属しているアーティストに歌わせたのかな、とかあなどってかかっていたのですが、よく見ればT.M.Revolutionとか、あるいは俳優の工藤夕貴や岸谷五朗、寺脇康文なんかも入った、けっこうおもしろみのある作品でした。
 内容についても、globeのKEIKOさんによる「EZ DO DANCE」は小室のマニアックすぎるリミックスでアレでしたけれど、岸谷さんと寺脇さんによる「Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜」は彼らの声がカラオケで合いの手を入れているときのようにしか聞こえずアレでしたけれど、T.M.Revolutionによる「Silver and Gold dance」は浅倉さんの手によらないハードにロックなアレンジで新鮮であったし、工藤夕貴さんの「masquerade」は歌手顔負けのアーティスティックなボーカルで他の参加アーティストにぜんぜんひけをとらない仕上がりだしで、とても興味深く聴くことができます。
 そのほか、avex所属アーティストによる楽曲も、最近はこのへんの人たちの作品をあまり聴かなくなっていたので、よい勉強になりました。

 このアルバム、そんなわけでかなり力の入った作品になっていますので、今さらTRFなんて、とか言ってないで、聴いてみる価値はあろうかと思いますよ。
posted by BONGO at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | TRF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。