2006年03月09日

FOR REAL?/久保田利伸

FOR REAL?FOR REAL?
久保田利伸 柿崎洋一郎

SE 2006-03-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


01. Vibe for real 〜Foreplay〜 02. Dr. Party 03. Riding to the Sight 04. U drive me crazy 05. a Love Story 06. It’s Time to Smile 07. 君にあうまでは 08. Slow Jam Loving 09. Vibe for real 〜The play〜 10. 君のそばに 11. Sign of Love 〜Soul Response Version〜 12. Club Happiness 〜Brothahood Version, feat. KM-MARKIT〜 13. 隙間

 久保田利伸が、日本向けとしては約4年ぶりにリリースしたニューアルバム。
 欧米向けには、その地域で受け入れられるために計算しつくされ、結果として洋楽をほとんど聴かないぼくにはどうもピンとこない、クールでメロウなパターンに標準を絞り込んだアルバムをリリースされているわけですが、日本向けの場合には、そんなに狙いすまさなくても受け入れられる音楽的な環境があるために、たとえば前作にあたる『United Flow』 (2002) がそうであったように、バラエティに富んだおもしろいアルバムをつくってくれるであろうと、実はリリース前から期待しておりました。
 が、聴いてみますとどうも、ぼくが聴くかぎりではかなり洋楽っぽい印象を受けました。
 日本向けなので自由に曲がつくれる、という意識はじゅうぶんにあったようなのですが、やはりクールでメロウな大人っぽい楽曲が多いのです。
 そもそも久保田さんの好みがそっちのほうに行っているのかもしれないですが、あるいは欧米向けにつくられた楽曲も収録されているのかもしれないですが、たとえばぶりぶりに泥くさい曲とか、巧みにメロディアスなバラードとかも聴かせていただけたらうれしいのにと思われました。
 そんなわけで本作は、欧米向けの作品ほどではないけれど、ちょっと抑揚に欠けるアルバムかなと感じてしまいました。
posted by BONGO at 18:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 久保田利伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

君のそばに/久保田利伸

B000BFNZ56君のそばに
久保田利伸 柿崎洋一郎

SE 2005-11-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 君のそばに 02. Rock wit me Poh'!

 久保田利伸の今年3枚目となるシングル。
 バラードである本作、彼がつくるここ数年における同ジャンルの曲と同様に、地味な印象。
 ですが、この楽曲はなかなかメロディアスであり、また静かな中にも確かな盛り上がりを感じることができ、聴き込んでいくうちによさがにじみ出てくるタイプのものでありました。
 ほんとにここのところの彼のバラードは地味あるいは海外向けでどんなもんかなと思っていたので、ここでけっこうよさげなバラードに出会えたことは、たいへん喜ばしく思えましたよ。

 一方、カップリングの「Rock wit me Poh'!」は、どうにもお手軽感があふれており、ちょっとアレでした。
posted by BONGO at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 久保田利伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

■ Club Happiness/久保田利伸

B000A3H6PEClub Happiness
久保田利伸 柿崎洋一郎

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-08-24
売り上げランキング : 1,399

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. Club Happiness 02. Summer Sweet 03. Club Happiness 〜Moogie Woogie Mix〜

 久保田利伸が4ヶ月ぶりにリリースしたニューシングル。
 ここのところバラードとかの落ち着いたものが多かったですが、本作はひさびさにアップテンポな楽曲になっています。
 ところどころにフィーチャーされたスカした感じのサックスの音色が作品全体を軽やかなものにしているようで、聴いていてなかなか軽快。ボーカルもそれにあわせるかのように、あまり力を込めずにさらりと歌い上げており清涼感があります。
 アップテンポな楽曲を聴くと体が熱くなるようなアがり方をすることが多いですが、この楽曲にあっては、気分はじゅうぶんアがっているのに体は平熱を保ちつつ、自然とニンマリしながら体を揺らしてしまうような、そんなイイ気持ちで聴くことができます。
 そしてカップリングの「Summer Sweet」は、重ねられたコーラスが美しいメロディよりもグルーヴで聴かせる楽曲。
 この手の曲はとかく冗長になりがちですが、ぜんぜんそんなことなく聴き入らせてしまうのは、さすが久保田さん。
 こっちもイイです。
posted by BONGO at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 久保田利伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

■ Time To Share/TOSHI

Time To Share
TOSHI T.Kubota A.Stone J.Richmond TOSHI featuring Mos Def M.Martinez

ソニーミュージックエンタテインメント
2004-09-15
売り上げランキング 2,390

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

01. Beating Of My Heart 02. Living For Today (featuring Mos Def) 03. Breaking Through Yaheat/Mybeat (Interlude Part 1) 04. Hold Me Down (featuring Angie Stone) 05. Neva Satisfied 06. Shadows Of Your Love 07. It' s Time 08. 'Cause You're So Bad 09. Hope You'll Be Well Yaheat/Mybeat (Interlude Part2) 10. Voodoo Woman (featuring Renee Neufville) (Bonus Track) 11. Living For Today (D-Moet Toshi's Joint Remix)

 久保田利伸がリリースした、欧米向けの作品としては4年ぶり、3枚目のアルバムです。
 なお、名義はそれまでの Toshi Kubota から、TOSHI に改められております。
 さて、完全に欧米向けとして制作された本作は、日本向けの作品に見られるような泥くささは影をひそめ、実にスマートなサウンドと、メロディよりもグルーヴ感を全面に押し出したミディアムテンポな楽曲でほぼ統一されております。
 ぼくはふだん邦楽しか聴かないので、もうちっといろんなタイプの曲が入っていたほうがアルバムとして楽しめるんではないかと思うのだけれど、洋楽好きな人には、このアルバムはどんな風に聴こえるのかなぁ。
posted by BONGO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 久保田利伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。