2007年11月17日

Beautiful World / Kiss & Cry/宇多田ヒカル

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
Beautiful World / Kiss & CryBeautiful World / Kiss & Cry
Utada Hikaru Kawano Kei 宇多田ヒカル

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2007-08-29
売り上げランキング : 377

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. Beautiful World 02. Kiss & Cry 03. Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-
宇多田ヒカル - Beautiful World / Kiss & Cry - EP

 宇多田ヒカルのシングル、「Beautiful World / Kiss & Cry」。
 彼女のことは嫌いではないのだけれど、CDなんかは中古でお得なのを見つけたら買おう、くらいなところでして、新品で彼女の作品を買うのは、実は初めて。

 で、このたびなぜ新品で本作を購入するに至ったかといえば、1曲目の「Beautiful World」が、映画、「 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 」の主題歌になっていたから、というのが大きいのです。
 ぼくはおよそ10年前になりますか、テレビ版の「新世紀エヴァンゲリオン」が流行ったころ、ぼくもひととおりハマりまして、なのでこの映画も当然に気になっており、劇場へと足を運んだのであります。

 と、そんないきさつはさておき、軽やかにアップテンポなこの曲は、打ち込み中心のアレンジが特徴。
 ややもするとチープなだけになりかねないところですが、ギリギリのところでこれがひとつの「味」となっており、どうにもクセになる聴き心地。何度も繰り返して聴きたくなります。
 また、この映画を意識してつくられたということで、ふっと出てくるそれらしきフレーズもまた、ニヤリとさせられて興味深くありました。

 両A面扱いの「Kiss & Cry」は、「日清カップヌードルTVCM FREEDOMシリーズ」のテーマソング。
 キャラクター & メカニックデザインに大友克洋を迎えた、クォリティの高いアニメーションでつくられたCMで流れており、こちらも気になっていた曲。
 別にアニメ大好き!というわけではない、はずなのですが。

 さてこちらは、サンプリングを多用したアレンジが楽しげな一曲。
 韻を踏みつつややルーズに流れるボーカルも心地よく、なかなかでありました。
 シングルのA面に持ってくるのは冒険だけれど、ただのカップリングに留めておくのは惜しい、といったところでしょうか。

 そしてもう1曲、「Fly Me To The Moon (In Other Words)」を収録。
 ジャズのスタンダードナンバーをカバーしたもので、本楽曲はシングル、「 Wait & See 〜リスク〜 」 (2000) のカップリングとして入っていたバージョンを、リマスターしたもの。
 「Fly Me To The Moon」といえば、テレビ版「新世紀エヴァンゲリオン」のエンディングに使われていた曲で、それゆえ、ここに収録したのでしょう。
 新録とかではないけれど、イキな計らいです。



posted by BONGO at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇多田ヒカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。