2007年11月21日

花のとなりで/坂本サトル & ROSYと気のいい仲間達

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
花のとなりで花のとなりで
坂本サトル 坂本サトル&ROSYと気のいい仲間達 RED ABI of Mess

インディーズ・メーカー 2007-10-03
売り上げランキング : 2845

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 花のとなりで 02. 花のとなりで (satoru version) 03. 花のとなりで (acoustic version)

 坂本サトルのシングル、「花のとなりで」。
 アルバム、『 蒼い岸に立つ 』 (2005) 以来、2年4ヶ月ぶりに発表した新曲であります。

 が、本作は、ソロ名義ではなく、「坂本サトル & Rosyと気のいい仲間達」名義でのリリース。
 サトルさんと気のいい仲間達が交互に歌い、それにRosyさんのラップが絡むスタイルがとられています。

 暖かみのあるスローなこの曲はメロディもたいへん耳なじみがよく、基本的にはサトルさんらしくありますが、それにラップが絡むのが新しげなところ。
 聴いてみる前は、どこか実直さというかあかぬけなさの残るサトルさんのメロディとラップって合わないでは、とか思っていたのだけれど、これがなかなかどうして、うまく互いを盛り上げていて、イイです。意外な発見でした。

 しかしながら、すみませんぼくは「気のいい仲間達」の中に知っている人がいなくて誰が誰だかわからず、ちょっともどかしさも感じてしまいました。
 ぼくとしては、サトルさんとRosyさんだけで進行する、2目に収録されている「satoru version」、あるいはラップのパートがない3曲目の「acoustic version」のほうが、聴きやすく思いました。


posted by BONGO at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂本サトル & ROSYと気のいい仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。