2005年10月24日

SONORITE/山下達郎

B000A53I36SONORITE(初回限定盤)
山下達郎 RYO 松本隆

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-09-14
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. MIDAS TOUCH 02. KISSからはじまるミステリー <feat. RYO(from ケツメイシ)> 03. FOREVER MINE 04. 忘れないで 05. 風がくれたプロペラ 06. ラッキー・ガールに花束を 07. SECRET LOVER 08. フェニックス (2005 REMIX) 09. LIGHTNING BOY 10. 白いアンブレラ 11. 太陽のえくぼ (ALBUM REMIX) 12. 2000トンの雨 (2000t of Rain)(2003 NEW VOCAL REMIX) 13. WHEN YOU WISH UPON A STAR 〜星に願いを〜

 山下達郎の、実に7年ぶりのオリジナルアルバム。
 この間にリリースされたシングルがすべて収録されているためにアルバムの過半数の楽曲は既発表曲であり、曲目だけを見ると、半ばベスト盤というかシングル集的な、シングル曲ばかりが突出した、オリジナルとしては中途半端なアルバムになっているのではと実際に聴いてみるまでは懸念していたのでありました。
 しかしながら、たとえば壮大なバラードである「FOREVER MINE」、「フェニックス」、歌謡曲チックな「忘れないで」、あるいはあまりに明るくポップな「太陽のえくぼ」など、シングル曲だけあって主張の強い楽曲が多いにもかかわらず、オリジナル曲とうまいこと織り交ぜながら抑揚を効かせた曲順になっていて、アルバム全体としてはシングル曲がシングル曲であることを主張しすぎない、アルバムをアルバムとしてきちんと聴かせる構成になっています。
 彼の作品はもはや、ボーカルやアレンジはあまりに上質でありながらも彼のキャリアとか実績とかゆえに何があってもそれが当たり前、みたくなってしまっておるので、ドキドキワクワクしながら集中して聴き込むというよりも、BGM的に部屋で流しておいて時おり口ずさむ、なんて優雅な聴き方をするのが最適にさえ思えてしまうのでした。
 あと、アルバムの最後を「星に願いを」で締めくくるのが、せっかくひさびさのオリジナルアルバムなのになんでまたカバー曲なのか、と腑に落ちなかったのですけれど、本編の最後は「太陽のえくぼ」、「2000トンの雨」の新録バージョンと「星に願いを」はボーナストラックとして捉えると、ぼくとしては納得できる構成になるのですが、そんな考え方でいいのかな。
posted by BONGO at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 山下達郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。