2008年02月10日

おやすみモンスター/GOING UNDER GROUND

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
おやすみモンスター(初回限定盤)おやすみモンスター(初回限定盤)
GOING UNDER GROUND 松本素生 河野丈洋

ビクターエンタテインメント 2007-11-07
売り上げランキング : 10241

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. さかさまワールド 02. TRAIN 03. 海にまつわるエピソード 04. PLANET 05. 暗夜行路 06. ナカザのロック★ 07. TWISTER 08. Title 09. カウボーイによろしく 10. モンスター 11. 愛のうた 12. 胸いっぱい 13. おやすみ※
※(初回盤ボーナストラック)

 GOING UNDER GROUNDが、オリジナルとしては約1年8ヶ月ぶりにリリースしたアルバムです。
 ベストアルバム を挟んだとはいえ、アルバムリリースのスパンとしてはこれまででもっとも長い時間を要した本作は、ポップスよりのアプローチを見せた前作、『 TUTTI 』 (2006) に対して、かつての彼らのように、バンド的なサウンドを核とした作品となっていました。

 原点回帰のようにも思えるアルバムではありますが、それゆえ見えてくるのは、彼らの書く曲そのものや演奏のテクニックなど、たいへんなベースアップが果たされているな、ということ。
 とかく彼らのアップテンポの曲でありがちだった一本調子な進行も、詞も含めてちょっとしたアクセントをつけることで変化に富んだ構成としていたり、ほとんどメンバーだけで演奏しているところへ、もはや「味のある」と形容してもよいであろうヘボめの打ち込みを控え目に用いることでそれがよいスパイスとなり、不自然に感じない範囲で、音に広がりを持たせています。

 直球勝負で彼らの実力を見せつけられ、全13曲(13曲目は初回盤のみに収録)という多めの曲数ながら、飽きたりだれたりするどころか、脱帽しながら何度も何度も聴き返してしまうアルバムであるわけなのですが、そんな中にあって、新しい彼らの一面を見せてくれたのが、「PLANET」。
 一歩一歩突き進むような力強さを見せるミドルテンポなこの曲は、「せつない」とか「胸キュン」とか言われた彼らの印象とはちょっと違う、頼もしさを感じさせます。スバラシイです。

 明らかに新たなステップへと進んだ彼ら、次作でどんな展開を見せてくれるのか、おおいに期待したいです。

posted by BONGO at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | GOING UNDER GROUND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。/槇原敬之

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。
槇原敬之

エイベックス・エンタテインメント 2007-11-07
売り上げランキング : 913

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. introduction 02. 祈りの歌が聞こえてくる 03. Dance with me. 04. GREEN DAYS 05. カイト 06. Love was sleeping. 07. lose no time 08. 赤いマフラー 09. Anywhere 10. Circle of Rainbow 11. 五つの文字
槇原敬之 - 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。

 avexへの移籍を挟み、槇原敬之が『 LIFE IN DOWNTOWN 』 (2006) 以来、オリジナルとしては約1年8ヶ月ぶりにリリースしたアルバム、『悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。』。

 ひさびさにストレートなポップスを聴かせてくれた「 GREEN DAYS 」 (2007) 、そして初期を彷彿とさせるアルバムタイトルに期待が高まる一方、前作がぼくにとってはちょっとアレだったので不安もあったのですが、実際に聴いてみますと、そんな不安は一息で吹き飛んでしまうほど、諸手をあげて賞賛してしまいたくなる傑作に仕上がっていました。

 うたのテーマは、よく聴けばラブソングではなく、今までと同様に人としての道を説くような、彼が言うところの「ライフソング」だったりするのですが、本作においては押しつけがましくなく、たとえばのちにシングルとしてリカットされた「赤いマフラー」なんて、ラブソングそのものとして聴くことができてしまいます。

 メロディ、アレンジについても、短いインストに続く牧歌的な「祈りの歌が聞こえてくる」に始まり、前向きなメロディの「GREEN DAYS」、「カイト」、実に美しいバラード、「Love was sleeping.」、「赤いマフラー」、「Anywhere」、大規模なオーケストラやコーラス隊と繰り広げたコンサート、「SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT "cELEBRATION 2005" 〜Heart Beat〜」を思い起こさせるリズムと豪華なコーラスが壮大な雰囲気を醸す「Circle of Rainbow」、そしてマッキーらしいエレクトリカルなサウンドでボーカルさえもいじりたおした「lose no time」など、バラエティ豊か。
 しかもそれらすべてがとても高いクォリティで、バランスよくちりばめられており、何度繰り返して聴こうとも、飽きることがありません。

 以前はよく彼の聴いていたけれど最近はちょっとって人も、あまり彼の音楽を聴いたことがない人も、ポップスが好きであれば聴いておいて損はない、いや聴いておくべき1枚かと。


posted by BONGO at 07:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 槇原敬之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

旅立ちの唄/Mr. Children

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
旅立ちの唄旅立ちの唄
Mr.Children Kazutoshi Sakurai

トイズファクトリー 2007-10-31
売り上げランキング : 683

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 旅立ちの唄 02. 羊、吠える 03. いつでも微笑みを from HOME TOUR 2007.06.15 NAGOYA

 昨年3月にリリースされたアルバム、『 HOME 』以来、初めてとなる新曲、「旅立ちの唄」。
 ストリングスなどでデコレートされ、シングルらしい華のあるメロディを持つスローな楽曲で、とくに彼らの場合は壮大に仕上がりがちなところ、なぜなどこか素朴な聴き心地の一曲。
 桜井さんのやさしげな歌いっぷりがそうさせるのかと思われるのだけれど、聴いているこちらもやさしくあたたかな気持ちになれます。
 実は、一聴したときのインパクトはそれほどでもなかったのですが、聴き込むうちにグッとくるようになってしまう、スルメ的な味わいの良曲でありました。
 そういえば『HOME』を聴いたときも、同じような印象を持ったものでした。

 2曲目の「羊、吠える」は、ちょっとトゲトゲしさのある楽曲。
 彼らのカップリング曲は、シングルのリードトラックやアルバム曲の多くとは異なる、カップリングならではの気怠さがあって、この曲もそのへんの色がないわけではないけれど、トゲトゲしさのほうが目立ってしまっていて、ぼくには聴き心地があまりよくなく、ややアレでありました。

 3曲目はライブ音源。曲はアルバム、『 IT'S A WONDERFUL WORLD 』 (2002) に収録の、「いつでも微笑みを」。
 かつて限定生産のライブアルバム、『1/42』 (1999) を発表したことはあるものの、それ以外では、これまでCD化されたライブ音源は、シングル、「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」 (1995) のカップリングとして収録された「フラジャイル」のみ。
 ゆえにレアであり、またちょっとですがオリジナルとはちがった展開も見られますので、これは持っておきたいところかと。

posted by BONGO at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | Mr. Children | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

WELCOME BACK 2/TM NETWORK

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
Welcome Back 2Welcome Back 2
TM NETWORK 小室哲哉 木根尚登

よしもとアール・アンド・シー 2007-10-31
売り上げランキング : 4646

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. WELCOME BACK 2 02. N43 05. MEMORIES
TM NETWORK - Welcome Back 2 - EP

 TM NETWORKのシングル、「WELCOME BACK 2」。
 アルバム、『NETWORK -Easy Listening-』 (2004) 以来、実に3年7ヶ月ぶりの新曲。
 昨年12月にリリースされたアルバム、『SPEEDWAY』の先行シングルであります。

 降って湧いたような再始動の話を聞いてドキドキワクワク、ファンとしては小室節なメロディに宇都宮さんのボーカルがのるだけでもうアガってしまうのですが、この曲、サビの部分がかなりヤバいことになっておりました。
 かつて彼らが発表してきた曲のタイトルをほぼ羅列しただけになっていまして、アガっていた気持ちも、さすがにサガりました。
 全体的には悪くないんですが、TMといえば、つねに新しい試みでぼくらを驚かせてくれて、そこがすごい魅力だったのだけど、これでは「過去にすがってる」とか思われても・・・。

 というのが、シングルを聴いた限りの感想。
 でも、アルバムを聴きますと、評価は一転。

 詳しくはアルバムのレビューに譲りますが、TM NETWORK結成前に3人が所属していたバンド、「SPEEDWAY」のサード・アルバム、といったコンセプトを持つ『SPEEDWAY』に対して、この曲はその時代へと遡るタイムマシンとしての位置づけを持っておりますか。
 そんなことを考えながら聴きますと、このサビの部分は、過去へと遡るにあたってフラッシュバックするさまざまな瞬間を、タイムマシンから見るようなイメージも浮かぶのです。

 この曲だけ聴くとほんとアレですが、ひさしぶりに見せるコンセプチュアルな展開のひとつであり、結果的にはドキドキワクワクさせてくれるアイテムでありました。

 なお、2曲目の「N43」は、木根さん作詞、作曲によるクリスマスソング。
 もっとテンポが遅くてもよいかな、という気もするけれど、メロディアスでちょっと切なげな良曲。

 「WELCOME BACK 2」と「N43」の TV MIX を挟んで5曲目にはインスト、「MEMORIES」を収録。
 19世紀のロシア人作曲家、モデスト・ムソルグスキーの「展覧会の絵」が原曲になっているのだとか。
 ぼくはすみません、その人もその曲も、存じないのですがそれはさておき、エレクトリカルながらとても壮大な印象で、なかなかイイです。
 ちなみにこの曲は、アルバムには未収録となっております。

posted by BONGO at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TM NETWORK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

さざなみCD/スピッツ

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
さざなみCDさざなみCD
スピッツ 亀田誠治 草野正宗

ユニバーサルJ 2007-10-10
売り上げランキング : 584

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 僕のギター 02. 桃 03. 群青 04. Na・de・Na・de ボーイ 05. ルキンフォー 06. 不思議 07. 点と点 08. P 09. 魔法のコトバ 10. トビウオ 11. ネズミの進化 12. 漣 13. 砂漠の花
スピッツ - さざなみCD

 スピッツのアルバムは、『 空の飛び方 』 (1994) から『 ハヤブサ 』 (2000) までは発売日と同時くらいにほとんど買ってきたのだけれど、『ハヤブサ』がオリジナルとしてはその前作にあたる『 フェイクファー 』 (1998) までのポップスの要素を多く含んだ作風から一転、ざっくりとしたロックなアルバムだったのがどうもしっくりこなくて、そのあと中古で『 三日月ロック 』 (2002) を入手したのだけれどやはり同様の理由でしっこりこなくて、結局いままで彼らの音楽から離れていたのです。

 が、このアルバム、『さざなみCD』を購入した友人が、、「なかなかイイ。かなりイイ」、「結成20周年を記念する作品でありたいへん気合いが入った出来だ」と太鼓判を押したので試聴してみたところ、たしかになかなかでしたので、購入してみました。

 さてこのアルバムは、繊細で美しいメロディラインと随所に見られるヘンチクリンさがとてもスピッツらしく、サウンドはバンドっぽさを核としながらもそれだけにとどまらない広がりがあり、バラエティに富んだ良盤との印象を持ちました。
 また、これだけのキャリアを重ね、年を重ねてきながら、貫禄をかいま見せつつも決して仰々しくはならず、基本的には軽快な作品に仕上がっているのも、聴きやすくてとてもよいです。

 具体的には、シングルであった「 魔法のコトバ 」 (2006)、「 ルキンフォー 」 (2007)、「 群青 」 (2007) はもちろん、ポップなところでは「不思議」、「漣」、スローにしっとりと聴かせるところでは「P」や「砂漠の花」あたりはとくにすばらしく、ヘンチクリンさがよく表れている「Na・de・Na・de ボーイ」、マイナーにアップテンポな「点と点」も気に入りました。
 そのほかにも聴き入らせる魅力を備えた楽曲を多く収録し、たいへんに楽しめる作品となっていました。

 彼らの音楽、また聴き始めようかな。

posted by BONGO at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スピッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

さかさまワールド/GOING UNDER GROUND

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
さかさまワールド(初回限定盤)さかさまワールド(初回限定盤)
GOING UNDER GROUND 松本素生

ビクターエンタテインメント 2007-10-17
売り上げランキング : 67977

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. さかさまワールド 02. Holiday

 GOING UNDER GROUNDの「さかさまワールド」。
 昨年11月にリリースされたアルバム、『 おやすみモンスター 』の先行シングルです。

 アップテンポなこの曲は、疾走感を持ちつつ言葉数多めに進行する様が、聴いていてとても心地よさげな仕上がり。
 彼らのこの手の曲は一本調子になりがちだったのだけれど、本作はたいへんにメリハリがあり、興味深いところでありました。
 前作のシングル、「 TWISTER 」 (2007) とかが顕著な例だけれど、アルバム、『 TUTTI 』 (2006) あたりから本格的に見られだしたサウンドの広がりはこの曲では控え目で、全面に出ているのは、バンド的な音たち。
 しかしながらよく聴いてみれば打ち込み系の音もしっかりとスパイス的に挿入されていて、この曲をより耳なじみのよいものにしております。

 彼らが新たなステップへと移行したことを実感させる楽曲でありました。

 カップリングの「Holiday」は、ちょっとコミカルで楽しげな作品。
 なかなか痛快で、カップリング的ではありますが、悪くないです。
 なおこちらは、アルバムには未収録となっています。


posted by BONGO at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | GOING UNDER GROUND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

ALL LIVE BEST/スガシカオ

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
ライブ・ベスト・アルバム「ALL LIVE BEST」ライブ・ベスト・アルバム「ALL LIVE BEST」
スガシカオ

BMG JAPAN Inc.(BMG)(M) 2007-10-10
売り上げランキング : 2337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DISC-1: History Live音源
01. 午後のパレード ('07 日本武道館) 02. 19才 ('07 日本武道館) 03. アシンメトリー ('05 グランキューブ大阪) 04. ドキドキしちゃう ('04 STUDIO COAST) 05. ストーリー ('03 横浜赤レンガホール) 06. リンゴ・ジュース ('02 渋谷公会堂) 07. 夕立ち ('99 NHKホール) 08. ぼくたちの日々 ('99 NHKホール) 09. 夜明けまえ ('99 NHKホール) 10. 日曜日の午後 ('99 NHKホール) 11. In My Life ('99 日本武道館) 12. 月とナイフ ('99 日本武道館) 13. ヒットチャートをかけぬけろ ('97 ON AIR WEST) 14. 春夏秋冬 (新録│'07 STUDIO SESSION)
DISC-2: 「Hitori Sugar Tour '06」in LIQUIDROOM 音源
01. 黄金の月 02. ひとりごと 03. 斜陽 04. June 05. あだゆめ 06. 夜空ノムコウ 07. 19才 08. 真夏の夜のユメ 09. 7月7日 10. 愛について

 スガシカオのライブベストアルバム『ALL LIVE BEST』。
 タイトルからみても昨年1月に発表された『 ALL SINGLES BEST 』と対をなす、とか言ってもいいのでしょう、1999年から2007年までに行われたライブの音源を集めたベストアルバム。
 2枚組+ボーナスディスク(初回生産分のみ)で3,150円という、お得なプライスでのリリースであります。
 ちなみに、2007年12月末までの期間限定生産盤であります。

 1枚目のディスクは、「History Live音源」と称して、2007年から1997年までの音源を遡る格好で収録(ラストのみスタジオセッションによる新録)。
 彼は2003年にもベスト盤的な性格のライブアルバム、『 THE BEST HITS OF LIVE RECORDINGS -THANK YOU- 』をリリースしており、まとまりとしてはそちらのほうがあるように思えるのですが、本作は、そのときそのときで聴いていると変わらないように思える彼のパフォーマンスが、やはり遡ってゆけばゆくほどぎこちなさを感じさせまして、結果としていかに彼が成長しているかを再確認できる、という点で、たいへん興味深い作品となっておりました。

 2枚目は、2006年に行われたライブ、「Hitori Sugar Tour'06 in LIQUIDROOM」からの音源。
 アコースティックギターと控えめな編成のストリングスのみのシンプルな構成ではありますが、これがとても上質。
 この手のライブテイクは、一聴したところでは味があるように思えても、そのうち物足りなさを感じてしまうものですが、本作はボーカル、ギター、ストリングスのバランスが絶妙で、ぐいぐいと何度でも聴き込みたくなる内容であります。
 彼の作品に興味のある方であれば、ぜひともおさえておいていただきたい作品かと思われました。

 なおボーナスディスクは、「爆笑!伝説のスガ シカオMC傑作集CD」。
 何度も聞くようなもんではないし、あってもなくてもいいようなディスクですが、たしかにおもしろいです。

posted by BONGO at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スガシカオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

ノックは3回 〜Knock Three Times〜/木根尚登

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
ノックは3回~Knock Three Times~ノックは3回~Knock Three Times~
木根尚登 中村修司

よしもとアール・アンド・シー 2007-10-10
売り上げランキング : 20979

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. ノックは3回 〜Knock Three Times〜 02. 君への道 03. 色づく街に 04. ノックは3回 〜Knock Three Times〜 (長い版)

 木根尚登のシングル、「ノックは3回 〜Knock Three Times〜」。
 古くさくもかわいらしげなイラストがジャケットを飾るこのシングルは、昨年の10月から11月にかけてNHKの「みんなのうた」で流れていた、のだとか。
 どうやらソレへの採用ありきの曲ではなかったらしいのだけれど、やはり子ども向けなのか、やたらピコピコポコポコしたアレンジがなんともちょっと。
 もとの曲はそれなりに軽快で悪くないと思うのですが、曲がよいとか悪いとか判断しかねるほどのげんなりするアレンジは、残念なところ。というか、これはいかがなものかと。

 ちなみに4曲目には、この曲の「長い版」が収められておりますが、それでも曲長は5分弱。
 それに対して1曲目は、2分半弱。なので4曲目が「長い版」というよりも、1曲目が「短い版」のように思われます。

 さて、2曲目の「君への道」は、アルバム『 』 (2007) の収録曲でありますが、3曲目の「色づく街に」は新曲。
 やさしさと力強さを併せ持つメロディ、徐々に盛り上がりを見せるアレンジが秀逸。ビリビリきます。
 シングルの3曲目で終わらせるには惜しすぎる一曲。もっと目立つ位置に置いてあげたいです。

posted by BONGO at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 木根尚登 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

花のとなりで/坂本サトル & ROSYと気のいい仲間達

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
花のとなりで花のとなりで
坂本サトル 坂本サトル&ROSYと気のいい仲間達 RED ABI of Mess

インディーズ・メーカー 2007-10-03
売り上げランキング : 2845

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. 花のとなりで 02. 花のとなりで (satoru version) 03. 花のとなりで (acoustic version)

 坂本サトルのシングル、「花のとなりで」。
 アルバム、『 蒼い岸に立つ 』 (2005) 以来、2年4ヶ月ぶりに発表した新曲であります。

 が、本作は、ソロ名義ではなく、「坂本サトル & Rosyと気のいい仲間達」名義でのリリース。
 サトルさんと気のいい仲間達が交互に歌い、それにRosyさんのラップが絡むスタイルがとられています。

 暖かみのあるスローなこの曲はメロディもたいへん耳なじみがよく、基本的にはサトルさんらしくありますが、それにラップが絡むのが新しげなところ。
 聴いてみる前は、どこか実直さというかあかぬけなさの残るサトルさんのメロディとラップって合わないでは、とか思っていたのだけれど、これがなかなかどうして、うまく互いを盛り上げていて、イイです。意外な発見でした。

 しかしながら、すみませんぼくは「気のいい仲間達」の中に知っている人がいなくて誰が誰だかわからず、ちょっともどかしさも感じてしまいました。
 ぼくとしては、サトルさんとRosyさんだけで進行する、2目に収録されている「satoru version」、あるいはラップのパートがない3曲目の「acoustic version」のほうが、聴きやすく思いました。


posted by BONGO at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂本サトル & ROSYと気のいい仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

Beautiful World / Kiss & Cry/宇多田ヒカル

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
Beautiful World / Kiss & CryBeautiful World / Kiss & Cry
Utada Hikaru Kawano Kei 宇多田ヒカル

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2007-08-29
売り上げランキング : 377

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01. Beautiful World 02. Kiss & Cry 03. Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-
宇多田ヒカル - Beautiful World / Kiss & Cry - EP

 宇多田ヒカルのシングル、「Beautiful World / Kiss & Cry」。
 彼女のことは嫌いではないのだけれど、CDなんかは中古でお得なのを見つけたら買おう、くらいなところでして、新品で彼女の作品を買うのは、実は初めて。

 で、このたびなぜ新品で本作を購入するに至ったかといえば、1曲目の「Beautiful World」が、映画、「 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 」の主題歌になっていたから、というのが大きいのです。
 ぼくはおよそ10年前になりますか、テレビ版の「新世紀エヴァンゲリオン」が流行ったころ、ぼくもひととおりハマりまして、なのでこの映画も当然に気になっており、劇場へと足を運んだのであります。

 と、そんないきさつはさておき、軽やかにアップテンポなこの曲は、打ち込み中心のアレンジが特徴。
 ややもするとチープなだけになりかねないところですが、ギリギリのところでこれがひとつの「味」となっており、どうにもクセになる聴き心地。何度も繰り返して聴きたくなります。
 また、この映画を意識してつくられたということで、ふっと出てくるそれらしきフレーズもまた、ニヤリとさせられて興味深くありました。

 両A面扱いの「Kiss & Cry」は、「日清カップヌードルTVCM FREEDOMシリーズ」のテーマソング。
 キャラクター & メカニックデザインに大友克洋を迎えた、クォリティの高いアニメーションでつくられたCMで流れており、こちらも気になっていた曲。
 別にアニメ大好き!というわけではない、はずなのですが。

 さてこちらは、サンプリングを多用したアレンジが楽しげな一曲。
 韻を踏みつつややルーズに流れるボーカルも心地よく、なかなかでありました。
 シングルのA面に持ってくるのは冒険だけれど、ただのカップリングに留めておくのは惜しい、といったところでしょうか。

 そしてもう1曲、「Fly Me To The Moon (In Other Words)」を収録。
 ジャズのスタンダードナンバーをカバーしたもので、本楽曲はシングル、「 Wait & See 〜リスク〜 」 (2000) のカップリングとして入っていたバージョンを、リマスターしたもの。
 「Fly Me To The Moon」といえば、テレビ版「新世紀エヴァンゲリオン」のエンディングに使われていた曲で、それゆえ、ここに収録したのでしょう。
 新録とかではないけれど、イキな計らいです。



posted by BONGO at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇多田ヒカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。